つれずれなるままに、書かれました「駄文」と「ラクガキ」のられつ :『かりのすみか』

ここでは・・・
わたくし「いわし」の「大きな声の独り言」が聞けまする。
「否」と思われる方は、どうかご退出を・・・
「暇つぶしになる」という奇特な方はどうぞ、ごゆるりと。

□ ・・・『S&W PC356』カスタム □

・・・ 『東京マルイ』さんの

エアコキ『S&W PC356』の

ハイグレードタイプ、固定ホップ搭載、18歳以上用

・・・が、ベースです。

コイツは、デフォルトで

とてもデキのいいブツですのでぇ

(実射性能も充分、当たるよん!)

基本的には・・・いじらないコトをお勧めいたしまする

がぁ、いわしはいじっておりまする。

ちょい「基本仕上げ」するだけで

充分にカッコいいブツになるのですがぁ・・・

いわし的には、ちょいとモノ足りない

のでぇー

ほんのちょいとだけぇ地味ぃにカスタマイズです。

まぁ、ご覧なカンジです。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

ドコいじったんじゃーいっ??!!

って、ツッコまれるとぉーまぁ、困るんですがぁ

ちょこちょこと、地味ぃにしか・・・いじってません

一応、「スライド」に

お約束の穴とか・・・開いてますがぁ。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

・・・詳細に語っちゃう程の

加工はしていないんですがぁ

一応は、詳細に語りますかねぇー。

まずは、「マズル:銃口」部から・・・

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

まず、銃口前面の面がデフォルトで

「ぬるいアール」面になってるんですがぁ・・・

コレの所為で、銃の印象も「ぬるい」カンジになっちゃってる??

とか、思いまして

削って銃口前面にフラット面を作り塗装し直してます。

「リコイルスプリングガイドロッド」(正式名は違うと思う、ケド。)の

前面にちょいキツめの「パーティングライン」が残ってましたのでぇ

仕上げて、平面を出し直しております。

これにて「マズル」の風景が、いわしの望む「精鍛なツラ」と

なってくれましたです。

「フロントサイト」・・・いつものよーに削りましてぇ

いわしのサイティングのクセに合う高さにしてまする。

そしてぇ、スライド上面の穴がどーなってるかと

ゆーのはぁ、次の写真です。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

三角形の形になるよーに、3つの穴加工してます。

んでぇ「スライド」を引くと・・・

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

「バレル」には「マズルブレーキ」が2ホール

とゆーカンジ・・・です。

コイツの加工は

ココんトコだけぇ、なのかも。

その他の細かい加工としましてはぁ

「ハンマー」の「スパー」部の角を

落としましてぇー

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

「フレーム」テイル部のアールも削り込んで

デフォルトより、丸くしています

上写真なカンジ。

と、「ハンマー」コック時に

「ハンマー」とテイルのシルエットが、一体感を増す様に

先端部下面を削り、「先細」形状になる様にしております

・・・あくまで

いわしの個人的な好みでぇ。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

・・・上写真なカンジです。

個人的には「キレイ」かな、と。

上から見た時の・・・統一感?

ってのも、狙いましてぇ

「スライドストップレバー」の・・・レバーの角も

落としましてぇー

「セフティレバー」の出っ張りと、形状の統一?

まぁー、どーでもいいコト・・・

なんすがねぇ。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

上写真な、風景と

なっております。

デフォルトのままですと

不意に手が当たったりすると「いてっ!」ってなる

角とかが、あったりしたのですがぁ・・・

上記加工にて、そいつ等は解決ですっ!

恒例の・・・

ツーショット写真とか、に行きますよん。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

同じ『スミス アンド ウエッソン パフォーマンスセンター』

つながり、の『M945』です。

(上写真、右ね。)

『KSC』さんの

美しすぎる、ガスブローバックモデルです。

この2丁は、ただただ『マイアミ・バイス』の

亡霊に取り憑かれちゃった、おっさんがぁ

止むに止まれず買っちゃった「ナニガシ」

・・・なのかもねぇ~。

ただの『S&W M645』の代替品なのですからぁ。

んだからぁ

『マイアミ・バイス』ごっこセットも

当然

あったりなんか・・・する。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

ま・・・あくまで「なんちゃってぇ」ですがね。

「ハーネス:肩掛け部」を、ジャンクと交換してるのでぇー

「ホルスター」がツートンカラーになっちまってますがぁ

いわし的には、気にならない、うん。

オレ自身が『ドン・ジョンソン』に似てるワケで無し・・・

(似てる、似てないってーより・・・「別のイキモノ」??)

ただの、自虐コスプレ用のセット

なのだろーか??

どーでもいいんだケドね。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

・・・一応『M945』も

収納出来たりは、します

コレで、キャリーしたりとかぁはしないすけどね。

『マイアミ・バイス』ごっこはぁ・・・するかも。

『東京マルイ』さんの、エアコックの傑作

『コルト M1911A1』との

ツーショットとか。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

ま、どっちも傑作なんですケドねぇ。

上写真では解りにくですけれど

『PC 356』の方が横幅も分厚く「トリガーガード」もデカっ

でぇ、「グリップ」も長っ!・・・

なのでぇ、結構デカい銃なんですよねぇ

スリムなイメージですがぁ。

やっぱ『コルト M1911A1』は

コントローラブルなサイズ、です。

『S&W PC356』カスタム:東京マルイ

『S&W PC356』カスタム

テコいれしなくても

充分にいいブツなんすがぁー

テコ入れした方が、断然っ愛着はわく、うん。

オレの『S&W PC356』?になった感??

おかげで・・・

『S&W M645』の代替品ってポジションから

ちょい、脱出・・・なのかも、ねぇ。

実銃について、ちょいとだけ触れておきますと

たしか「スフェリカルブッシング」の

実装初号機、だったと・・・記憶してます

(間違ってたらぁ、申し訳ないです。)

『M945』の世代では「あたりまえ装備」です、がね。

とぉ、「トリガー」んトコで「DA」システムを

殺した状態の「シングルアクション」だった

はず・・・です

カテゴリ:「ターゲットモデル」でしたからねぇ。

ま、オーダーがあれば『パフォーマンスセンター』は

どんなバリエでも作るのでしょうから

「絶対」はないかなぁー

とは、承知しておりますが。

なにはともあれ・・・

トイガンとしては「優等生」です、コイツ

ちょいと、ハナにつく

くらいにね。

出る「くい」は・・・

やっぱ、打たれちゃうよねぇ。


打たれないくらいの「出る」って・・・どんくらい?

はんこ、いわし