つれずれなるままに、書かれました「駄文」と「ラクガキ」のられつ :『かりのすみか』

ここでは・・・
わたくし「いわし」の「大きな声の独り言」が聞けまする。
「否」と思われる方は、どうかご退出を・・・
「暇つぶしになる」という奇特な方はどうぞ、ごゆるりと。

□ 『CA870 ソードオフ』・・・ちょいカスタム □

・・・ 『マルゼン』さんのぉ

エアコキ『CA870 ソードオフ』を

ホントに、ちょいとだけぇ・・・カスタムです。

いつ頃入手か?・・・覚えておりません。

2013年現在でぇ

10年以上?のブツになるのかなぁ??

アウトされて間も無く入手いたしましたのでぇ

間違いなく、かなりの初期のブツです。

(この個体、エアコック後のロックがあまあまなの、ぐすんっ!)

えっとぉ、いわゆる長モノなのでぇ・・・「基本仕上げ」

パーテイングラインの処理とかぁー

かなりラフに仕上げてます、がぁ

ありがたい事に、写真では解んないかなぁ、うん。

まぁ、ご覧なカンジです。

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

「ドコいじったんだよっ??!!」

な、カンジの写真ですねぇ・・・

ホント、ドコいじったんでしょうか??

観たカンジ・・・ほぼデフォルトです。

いつもの、お約束「ラバースリーブ」は

グリップに装着済み・・・ですが。

(滑り止めのつもりですが・・・それ程、有効では無いかも。)

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

とにも、かくにもぉー

コイツのシルエットがぁ

めっちゃ!いわし好みっ!!だった・・・ってんでぇ

旧『GUN』誌の記事を熟読してぇ

店頭で見つけた時は、もぉー即購入でしたねぇ。

基本「よく当たる」と、前評判だったのですがぁ

「フロントサイト」「リアサイト」が無いと

まぁ・・・ダレが撃ちましても

弾は、間違い無く「あさっての方向」に飛んでく

と、思いまする・・・絶対にっ!

『マルゼン』さんのブツなんでぇー

「着弾がまとまる」事はアテになる

・・・せっかく、綺麗なシルエットにまとまってるんだしぃ

いわし的に「光学サイト」とか、ありえねぇー!

(んな、金もねぇーしなっ!)

ってんでぇ、「なんちゃってぇピープサイト」を

乗っけてみたりしておりまする。

基本、いわしは「絶対オープンサイト主義」なもんでぇー。

ちゃっちぃー工作なのですがぁ

こんなカンジっ!

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

・・・「フロントサイト」がありそーなトコに

M3のイモネジを立てましてぇ

ステンレスの「ふくろナット」を被せ、瞬間接着剤で止めてます。

一応、セロテープで仮どめ等して

何種類かの高さで、「試し撃ち」実験した結果・・・

いわしのサイティングの癖には、M3の高さが「どんぴしゃ!」だったもので。

そして・・・

これまた、いつものお約束的加工っ!

3ホール×2の「マズルブレーキ」を開けています

・・・ホント、ただの「飾り」としてね。

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

上写真・・・

手前の暗くて、ちょい凹んでるトコが

銃本体、上面にあります反射防止の「セレイション」の「溝」です。

んでぇ、向こうのほーに見えるのが「なんちゃってぇピープサイト」ですね。

現状で「トリガー:引き金」を絞ると、かなり上の方に着弾しちゃうカンジになりまする。

このまま、銃口側を下げて

「セレイション」の溝の真ん中から「ピープサイト」の頭の半円部が覗くくらいの

高さ設定で・・・ターゲットに重ねますると

だいたい、狙ったトコに着弾してくれるのよん。

ドカドカと連射で、てきとーに撃ち込んでも

そこそこに着弾はまとまってくれまする・・・

そこんトコは、さすがに『マルゼン』さんのブツです。

「フロントサイト」らしきモノがある方が

絶対的にぃ「ターゲットに当て易い」ですよんっ!!

イモネジと「ふくろナット」で、材料費は200円前後・・・

(ご近所のホームセンターにて、入手可能・・・実際、もっと安価か?)

銃自体に変な「でっぱり」とかも発生しませんでぇ

取り回しのいい、綺麗なシルエットのままっ!

(ってか、このシルエットを壊しちまったら「意味」がねぇーっ!!)

いわし的には、理想的な加工でしたねぇ。

加工した箇所ってーのは・・・

ホント、ココだけぇなのですがぁ

ココだけで、良かったんだと思う。

コイツ・・・

単発発射のエアコキガン、なんですケド

一応、ルックスは「ショットガン」?

って事でぇ、似た様なシッルエットの

「ショットガン」とのツーショット写真

・・・とかぁ。

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

ソードオフ『水平2連バレルショットガン』(上写真左)

との、ツーショットです・・・

『マッドマックス』のショットガンって、ゆー方がいい??

今は亡き『ハドソン』さんの、モデルガンです。

元々この『マッドマックス』のショットガンのシルエットが

めちゃめちゃ好きでしてぇー・・・

いわしの「トラウマ」だったりも、するのですよねぇ

・・・シルエット、そのものがぁ。

その「やまい」の延長線上にありまする

ブツとのツーショットがぁ

次の写真、です。

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

『グレラン』カスタム(写真上)・・・

『東京マルイ』さんのエアコキ『グレネードランチャー』を

スタンドアロンで使用出来るよぉーに・・・

まぁ、いわし好みなシルエットになるよーに仕上げた

ただの、ゲテモノ・・・ですかね。

シルエットは、やっぱ『マッドマックス』似です

・・・「やまい」だねぇ。

上の2丁、どちらも「サイトを設定する」という点では

ちょいと、苦労させられました・・・

ってゆー共通点はありますかなぁ。

ま・・・手をかけただけあって

2丁とも、ホント可愛いんですケドね。

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

締めは・・・

いわし超愛用の、エアコキ

『東京マルイ』さんの『コルト M1911A1』との

ツーショットです。

・・・2丁の色味が同じ・・・

『ソードオフ』カスタム:マルゼン

なにげに

レトロムードな写真にて

締め、です。

なんといいましてもぉー

エアコキは

気楽に「遊べる」ってぇーのが、いいっ!

いわしは基本「お座敷シューター」ですのでぇ

トイガンを道具らしく、ハードに使用する

・・・なぁんてシチュエーションには

まぁ、まず絶対になりませぬ。

なんとなぁく気が向いたら、撃つ・・・

そんくらいの、スパンですのでね

なので、愛でるってファクターも

まぁ、重要視はしてるか、なぁ。

とはいえ「ポテンシャル」あっての

ナニガシ。

絶対的に重要なファクターのひとつは・・・

やっぱ「ポテンシャル」

なのかもなぁ。

「ポテンシャル」の見極め、は・・・

困難かつ重要・・・だ、ねぇ。


自身の「ポテンシャル」が・・・認識、出来てない?

はんこ、いわし